キャッチ

変形性膝関節症とリハビリ

変形性膝関節症は一度発症してしまうとその痛みが強いために身体を動かすのが面倒になってしまいます。 そのため、家族がどれだけ手助けをしてくれるとしても少しは自分で動くように心がけなくてはなりません。
痛みから動くのも嫌になり、動かなくなるとさらに膝の関節が固まってしまいます。 それでは治療にも時間がかかるようになってしまいます。 そうなってしまう前に少しでも早く病院でリハビリ等を行うようにしましょう。 そして痛みを最低限に抑えることができるようにしましょうね。
リハビリと言えばテレビで放送されているスポーツ選手のようなものをイメージするでしょう。 しかし、たしかに痛みもありますし辛いと思うこともあるかもしれませんが、変形性膝関節症のリハビリに関してはそこまでリハビリは辛くありませんので、安心してくださいね。
リハビリなんてキツイししたくない! そのように思われる方もいるかもしれませんが、リハビリを始めるまえからそのようにリハビリに対して消極的になってしまってはいけませんよ。
変形性膝関節症の治療では最悪の場合には手術という方法を選択することもあります。 その場合にもリハビリをすることは重要になりますので、リハビリを避けることはまずできません。

グルコサミンをおばあちゃんに

おばあちゃんにプレゼントするとしたら、何か素敵なギフトじゃないと失礼と思う?実は、おばあちゃんにグルコサミンをプレゼントしようとしている私なのですが・・・。 うちのおばあちゃん、テレビはあまり見ないし、かなり自然派な生活を送ってるから、健康食品とか全然知らないんだよね。勿論グルコサミンのCMも知らないと思う。年々歩き方もぎこちなくなってきているのが心配にもなっていて、いつまでも元気でいて欲しいから、今度お土産にグルコサミンを持っていこうかと考えてるの。おばあちゃん、グルコサミン飲んでくれるかなー。


コンドロイチン始めた件

職場が変わって、仕事内容も変わったわけだけど、今の職場で増えたのは物を運ぶ業務。具体的には書類とか備品を運ぶ作業が非常に増えた。 当然慣れない体は早速悲鳴を上げていて、腰痛が始まってしまった。でもその作業なしには、今の仕事は成り立たないから、どうにか改善しようと思って調べてみたんだけど。ご老人のサプリメントと思ってたコンドロイチンって腰痛にも良いみたい☆どうも痛みの原因の一つは、軟骨がすり減ってしまうことみたいで、軟骨成分の一つのコンドロイチンを補給してあげると良いみたい。それで、早速ポチってコンドロイチンを始めた最近。